08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.24
前回の日記を読み返してみたら、とても詰まらない愚痴をこぼしてる詰まらない自分が表れていました。

「何をどれだけ考えられるか」は全て自己責任だ。絶対仕事のせいじゃない!仕事が詰まんないからじゃない。自分が仕事を詰まらなくしているんだな。

あれは詰まらない、あれはやりたく無い、など。
そんな先入観で仕事を「選ぶ」というとっても傲慢な考えを持っていた。

反省します。。。。
スポンサーサイト
2007.06.20
を如何に過ごすか。が今の大きな課題です。

最近は買い物やら友達と話したりで夜は更けていきますが、これで俺はいいのかな。

本店では「大きな人間になれ!」と激を飛ばされるけど、今の支店ではどうも「若いし時間があるから焦らなくてもいいよ。」というスピードの遅い空気が漂っている。

本店では金融政策の実行部隊がいる。
支店の今の業務では正直、頭で考えて答えを導く仕事の形態ではなく、むしろ肉体労働。
頭の「考える」という部分が死んでいる気がして仕方が無い。「覚える」作業、そしてそれを「実行する」作業の繰り返しで、まるでロボットだ。

確かに、今は会社において考えて答えを出す作業が出来る程、業務上の基礎は出来ていないかも知れない。でも、これで俺はしっかり成長出来るのだろうか。

業務を一生懸命にこなしているはずなのに、何処か一日が終わって不完全燃焼を感じる。
「自分の生活は自分次第」と当たり前の事を引き出してみると、結局自分の責任で不完全燃焼なんだ。だから、どうにかしなきゃ。

仕事後に大学の夜間に通ってもいいかな・・。



2007.06.03
金曜日の入行日のお昼ご飯は、ボストンから大変お世話になってる人事の森本さんと社員食堂で食べた。その後、新日鉄本社の前の広場で互いにコーヒーを飲みながら話していた。

その一節、

「自分は高校の時は全然優秀じゃなかったです、いや今も全然優秀とは思っていませんけど(笑)ははは。」

と自分が言ったら、森本さんは

「そういう風に思われてると困る。優秀じゃないと言われたら、僕の(採用者としての)立場無くなっちゃうじゃないか(笑)」

と言った。

ああ、俺はこの人の為にも働くんだな。と思った。

未だに謙虚に振る舞うのと、自信無く振る舞う事の境界線は難しく感じるなあ
2007.05.30
自分の常識

視点

立ち位置

論理うんぬんにうつつを抜かす以前にこれを考えなければ始まらないんだな。

様々な人達の視点にたって、今の数倍経験値を増やそう!

それでこそ、より強固な論理、説得力のある発言につなぐ事が出来る。

そのことも含めて今は必死で「基本」を整える時なんだ。
2007.05.26
昨日24日、成績が揃い、正式に卒業出来ました。

何か自分の性分で、「祝って!」と言うのも恥ずかしいし、祝われるのも恥ずかしい。
だからとにかく自然にしていた。

でも一部の人は最後まで自分を気に懸けてくれた。
俺は結構素っ気なかったかも知れない。でも、じんわり浸透する様な嬉しさはあった。

ああ、もうマディソンには居ないんだ。

都会の様には遊べない場所だったけど、その分たくさん違う楽しさがあった。

友達さえいれば楽しかった。

土地にも人にも情が湧いた。

ああ、もうマディソンには居ないんだ。。。。ああ、もう居ない。もう、居れないんだ。。。

そう思うと、何だか泣けて来るじゃんか。

何だよ、結局自分、マディソン好きなんだ。。。

今日も明日も明後日もマディソンの風は最高に気持ちいいんだろうな。
2007.05.20
明日は卒業式。
でも、何処か素直に喜べない自分がもどかしくて仕方が無い。。。
心の中には2つの心配
1、良い成績と卒業証明をちゃんともらえるか
2、今の自分の人間の小ささ

昨日今日でこれまでに無い位感傷的になってしまっています。
「自分はこんな未熟な状態で社会に出てしまっていいのか」「日本銀行という日本経済の重要部を担う組織で、今の自分を働かせてしまっていいのか」「一学期も完全燃焼して努力し続ける事が出来なかった自分が、今後長らく自分なりに納得のいく仕事を出来るのか」。。。。

以上の心配事だけでは無いけれど、不安で不安で自分の自信を疑えてしまって仕方がないです。

友達はこんな自分を十分過ぎる程慰め、褒めてくれる。本当、気を使わせてしまって申し訳無い。。。その気持ちだけは嬉しくて仕方が無い。自分は幸せだな、と思える。
でも、残念ながらこうした心的な問題は自分で解決しなければいけないのだと思います。

空は青く、日は暖かい、人々は会話を、季節を、愛を楽しむ。

自分は一体いつ卒業を嬉しく楽しく思えるんだろうか。
「卒業するのに、嬉しくないの?」
友達の言葉が今も胸に響いている。

2007.05.17
uyuni-4.jpg


いつかココにも行きたいな。

やっぱり自分は人工的な建築物も好きだけど、自然の方が好きなのかも知れない。

「あ~、地球って広いんだな~」って、そう思う事が何処か明日への活力に繋がる。
2007.05.11
特別愛着がある会社なので、切実に頑張って欲しいです。

三菱重工H2A、国費要請

news link
2007.05.06
自分は一部の人を不幸にしているのかも知れない。

一度お互いの間に出来た傷は、もう二度と修復出来ないのかな。
大丈夫何て思うのは単なる理想なのかな。

俺はとことん甘かった。
「ちゃんとしてる」「努力」してると思ってたのは、自分で自画自賛してただけなんだろうな。そう思いたい、と思ってただけなんだろうな。

本当にみんな、ごめんなさい。。。

人の話より、自分の話や都合ばかりを押し付けて来てしまって、ごめんなさい。。。

こんな自分でも毎日を生きています。
眠くもなれば腹も減る。
みなさんと同じ人間です。

みなさんをもっと理解したい。
人を不幸にする為に自分は生まれてきてない。
どうせなら目の前で悲しむ人はゼロにしたい。

悲しんだり、怒ってしまった人。
そんな人達はもう二度と会わない人、会えない人の中に何人もいます。
傷害を与えてしまった人もいる。体にも心にも。

「生きる事が罪だ」と何かの映画で言っていました。
生きる事は誰かに迷惑を掛けてしまう連続なのだろうと思います。
それを自分の失敗や反省の中から辛うじてわかる事が出来ました。

でも罪は償う事が必要です。償いが必要で無い、罪ではない、と他人への迷惑や自分の失敗に目を覆う事は簡単です。でも、それでは何の為に生まれて来たのか。

親に育ててもらい、社会に守ってもらい、幼少時代は自由に生きさせてもらった。反省なんて概念も無く、色んな罪は5分で忘れた。学習しようとも思わなかった。

でも、今は少なくとも親に、社会に感謝している。周りの人に未だに迷惑を掛けるけど、それでも感謝は出来るようになった。

それでも、感謝するだけじゃ「生きる事の罪」は償えない。
それを償えるのは、人に自分が幸せにして貰った様に、多大な迷惑(お手数)を掛けて生きて来て、反省も学習もして来なかった自分を寛容に受け入れて来てくれた両親や友人や社会、日本、そして地球に恩返しをする事だ。

ココに思う。

「感謝」は行動に移すべきだ。
人を不幸にしてきたならば、何かに倍の幸せを与えられる人間。
それを目指したいと思う。


2007.05.05
今日家でCNBC(ビジネスチャンネル)を観てたらMicrosoftとYahoo!の検索業務を提携して、合併会社を起てる構想があるんだって。

それで、ネット検索業界のシェアを見ると、なんと!Google が47.5%でトップ。
二位のYahoo!は27.5%で三位のMSNが10.5%だったかな。つまり、二位と三位を足しても遠くGoodleには及ばない訳ですよ!

個人的な印象ですが、ほんの2年前位はYahoo!と言えばインターネットの象徴。ネットで調べ物をする時はいつもYahoo!を使ってた。でも、手っ取り早く情報を得る目的に於いて今はGoogleとかWikipediaに勝る物は無くなって来た感がある。授業でリサーチをする時も一日に50回はGoogleを開く。

自分でも無意識な時が多いけど、改めてみるとGoogleの力は凄い。

でも、MicrosoftとYahoo!の合併会社。どうなるか楽しみです。

ってか、日本の企業はどこだ~~~~~~!!!!!
もう既に日本のアメリカとのGDPの差は2.5倍以上に広がっている。。。中国とも
1.8倍はある。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。